私は小さい頃から布団に寝て育ったので、一人暮らしを始めた頃に買いたかったのはベッドでした。バネのついたクッションの上で眠ると熟睡できそうに思えたのです。

 

実際に一人暮らしを初めた時には、小さな部屋しか借りることが出来ず、冷蔵庫やテレビ、テーブルに書庫やタンスなどを配置していくと、ベッドを配置するスペースは残っていませんでした。

 

それから次に引っ越した先は、広い間取りの部屋を借りることができたのですが、間もなく会社の業績が悪くなって給与が減ったのです。なので、ベッドを配置できるスペースはあるのに生活に必要なお金に追われてしまい、購入することができないのです。

 

給与が元に戻ってベッドが買えるまではもう少し..と自分に言い聞かせて生活しています。

関連記事


    お金に困った時は、自分が持っている財産を処分してお金に替えるという方法でお金を用意できます。部屋を見渡してみれば意外と売れる物がたくさんありますので、お金がないからと言って必ずしも価値ある物が1つも…