お金に困った時は、自分が持っている財産を処分してお金に替えるという方法でお金を用意できます。部屋を見渡してみれば意外と売れる物がたくさんありますので、お金がないからと言って必ずしも価値ある物が1つもないということでは決してないのです。

 

ただ、当然かもしれませんが買ったときの値段では買取をしてもらうことはほぼ不可能ですので、手にするお金が買ったときの値段に比べれば激減してしまうことは覚悟しておかなければなりません。

 

そうすると、お金に替える意味があったのかどうか?と虚しくなってしまいますが、お金に困った時は苦渋の決断としてそういう選択をすることも必要です。ですので、お金に困った時は財産を売ってお金を作るのが最もポピュラーだと私は思います。

関連記事


    このところ生活に使うお金が少なくなってきて、やりくりに困っています。特に食事を準備するときには、安い食材をうまく使うようにしています。   白菜であったり大根やキャベツなど、食べ応えのある…


    私は小さい頃から布団に寝て育ったので、一人暮らしを始めた頃に買いたかったのはベッドでした。バネのついたクッションの上で眠ると熟睡できそうに思えたのです。   実際に一人暮らしを初めた時には…