日本人の野菜の平均摂取量は大幅に不足しています

厚生労働省によると、成人男性の野菜摂取量は1日約290g、成人女性で約270gという調査結果が発表されています。
30歳代までの成人男女に絞るとその摂取平均量は約240gとなり、一段と数値が落ちてしまいます。
同省が定めた摂取目標は350gなので、日本人、特に若者の野菜摂取不足が大変深刻であることがよく示されています。
NHK「サラメシ」を見ていても働き盛りの若者が昼食にまで気を配っているとは思えませんし、仕方ないことかもしれません。
従って手軽に野菜成分を摂ることができる青汁が注目されるわけなのですね。

青汁で補給できる栄養素もたくさん

青汁では食物繊維の他にも、人間の活動に欠かせない大事な栄養素も補給することができます。
骨を形作るカルシウムもその一つ。
筋肉の過敏な動きを抑制したり、心臓の動きをスムーズにする働きもあります。
青汁の有名な原料であるケールはカリウムを豊富に含んでおり、高血圧を緩和する重要な機能を果たしています。
また、美意識が高い女性が気になるビタミンCも成分の一つで、美肌効果や抗酸化、免疫力アップに役立っています。

便利な青汁ですが、依存するのはやめましょう

青汁によって栄養素も食物繊維も摂取できて忙しい現代人にとっては大変便利なのですが、青汁に頼り切るのはよくありません。
それらは摂りすぎても体調不良を招きます。
不足分を補う、という位置付けがよいでしょう。
持病によっても注意が必要です(特に循環器系の病気)。
個人差があることなので、一気に青汁生活を始めてしまわないで、徐々に体調に気を配りながらやっていきましょう。
大きな持病を抱えている方は事前に「私は青汁を飲んでも大丈夫でしょうか?」などとかかりつけのお医者さんに相談することをお勧めします。
こちらを参考にしてみてください。⇒すっきりフルーツ青汁

関連記事


    手軽に始められる健康補助食品として美容やダイエットをサポートしてくれるすっきりフルーツ青汁は幅広い世代に人気です(^^)♪ 始めるからにはしっかり効果を実感したいところですよね。 そのために、いつ飲め…


    青汁と乳酸菌 低めの書き込みには、これといって移り変わりがなく効能が出せない、身体にマッチしなかったといった書き込みも見られます。しかしながら、便秘が回復した、おなかがシュッとした、肌トラブルが回復し…


    サプリメントの場合は、医薬品とは違って、その効能・効果だの副作用などの 細かなテストまでは満足には実施されていないものが大部分です。 加えて医薬品と併用するような場合は、気を付ける必要があります。 フ…


    便秘が原因だと考えられる腹痛に悩む人の多くが女性だそうです。 生まれた時から、女性は便秘になる生体的な特徴があると言え、 何より生理中はもとよりホルモンバランスがアンバランスになる時に、 便秘になりや…


    いまいち結果に繋がらないと感じている方もいらっしゃいますから効果のほどには個人毎に差が出ることがあるそうですね。それからカラダにフィットしなかったと感じ取った方もいらっしゃるようですから、原材料をよく…