近年、再生可能なエネルギーの普及うを推進するために、太陽光発電パネルを接しした方へ、そこから蓄えた電力の買い取り価格が高めに設定されていたり、一定の期間固定価格で電力を買い取りますという仕組みも設けられるようになりました。
太陽光発電は、他に不動産投資をするよりも利回りがよく、安定した収益が見込めるようになっているようです。
もし、遊休地や耕作しなくなった畑などの空き地をお持ちであれば、太陽光発電パネルの利用にはもってこいです。
太陽光発電の投資利回りはというと、だいたい平均で10パーセント以上はあると言われています。
この数値を見れば他の投資に比べて利回りがいいことがわかると思います。
またもう一つのメリットとしてグリーン投資減税というものがあります。
太陽光発電システムを利用すると税の優遇を受けることが出来るのです。
太陽光発電システムを利用しても、元が取れるのはいつになるんだろうと不安に思う方も多いと思いますが、おおよそ10年で初期費用の投資が回収できます。
そして、空き地の太陽光発電を設置する際に気を付けたいことというと、様々な種類から、″どのくらいのレベルのパネルを設置するか″選ぶことです。
空き地への設置となると、施工費用から本体価格と、どうしても初期費用が膨らんで感じます。
しかし、そこで投資額を渋ってしまうと、後々のメンテナンス費用が増えてしまう結果を招きます。
安さに目をくらまさず、おおよそ20年ほどは耐えられるパネルの購入と、盗難防止の保険への加入や、意外と雑草の対策も必要となってきますので、投資する際には気を付けたいですね。

私はが参考にしたサイトはこちら⇒空き地利用 太陽光発電

関連記事