太陽光パネルは、屋外に設置されているため、常に過酷な環境で稼働しているのが実態です。
そのため、太陽光パネル表面に砂埃や花粉、有機物による汚れ(動物の糞や落ち葉など)が付着してしまいます。
その結果、太陽光パネルの表面が汚れに覆われてしまい、発電効率の低下に繋がってしまいます。
このような場合、太陽光パネルの汚れ防止対策として表面コーティングや定期清掃するといった方法がありますが、確かに発電効率の改善効果は見込めます。
しかし、費用的な面で見れば、売電価格に対し、太陽光パネルの清掃費用の方が高額になってしまうなど、費用面での効果が得られない可能性があり、特に一般家庭で対策をした場合、ランニングコストの方が高くなります。
太陽光発電システムを導入する際、メンテナンスフリーやランニングコストが掛からないといったことで導入した人も多い筈です。
専門業者に依頼するほど、専用機械や薬剤での清掃となり価格が高額になってしまうため、本当に汚れ対策が必要なのかどうかは発電量の低下と清掃費用のバランスを考慮して行う必要があります。
年間で発電効率が1%も低下していないのであれば、むしろ下手に手出ししない方がお得なこともあります。
最近では、太陽光パネルの価格も低下する傾向にあり、安易に対策で費用を掛けない方が得ということもあります。
詳しく記載してあるので参考にしてください。⇒太陽光パネル 汚れ 対策

関連記事