ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。
イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。
イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、返済期間は1年から8年迄、繰り上げ返済手数料はタダです。
スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%で、借入金額は800万円まで、借入期間は最大10年です。
銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。
ペットローンというローンを取り扱っている金融業者はあまりないのですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。
ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。
銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。
信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合だと、ペットの料金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものです。
ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格に「安定継続した収入」が条件として記載されていることが多いです。
ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。
ですから、ローン審査をクリアしない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。
ペットローンに落ちたためにペットを飼えなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。
過去に遅延や滞納歴があったとかそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。
また、数社から借金をしているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。
ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に利用可能なローンです。
比較的安価な柴犬でも20万円前後が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。
アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーは30万円前後が相場のようです。
血統書の有無でも価格が大きく変わりますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。
特にペット選びの場合はビビッときた子と出会った時が運命なので他の人の子になってしまう前に、ペットローンを有効に利用しましょう。
ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがどのようなローンでも返済する際には必ず利息が発生します。
一般的に金利が低い順に並べると、銀行、信販会社、消費者金融で審査は金利が低くなるほど厳しくなります。
銀行ペットローンの場合、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%でオリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。
消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。
借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対しオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。
オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。
しかし、オリコではペットローンというローンがないので多目的プランを利用することになります。
ペットショップがオリコと提携していればこのローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。
申し込める年齢は満20歳以上からで、金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要です。
気を付けなければいけない点として、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの融資と合わせて借入が100万円を超えてしまった場合は所得証明書の提出が必要となります。
住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。
ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが銀行のペットローンは審査が厳しめです。
銀行のペットローンはペットショップで提供している信販会社のローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。
滞納せず返済してくる人であれば安心して貸すことができるのでそのご褒美として低金利で融資をすることを認めるという事なのです。
審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しく次いで信販会社のペットローンとなっています。
ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンはやっていません。
楽天銀行には使い道に制限がないカードローンがあるのですが他には目的型ローンとして、ブライダルローンなどがあります。
銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行では使途も制限されています。
楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますが楽天銀行の自動車ローンは通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。
楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。
非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。
どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が必須条件となっていますから継続勤務期間は最低でも1年以上は求められます。
また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。
信販会社だと、オリコに多目的プランがありますがこちらも満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでもローンを組むことができます。
消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。
スルガ銀行は静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。
銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。
最高限度額800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。
全国どこからでも申込が可能で審査から手続きまで全てがWeb完結します。
申込資格は年齢が20歳以上65歳未満である人で安定した収入が必要です。

ペットローンがある銀行は非常に少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。
イオン銀行は金利が年3.8%から年8.8%、借入金額は30万円から700万円、借入期間は最大8年までです。
一方で、スルガ銀行はというと、金利年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

⇊オススメサイト⇊
ペットローン審査が通らない時はどうする?【ローンの組み方】

関連記事


    審査の甘い借りやすい消費者金融というのは、学生さんやパート、アルバイトの方でも毎月安定した収入があれば身分証明書の提示だけで50万円までのお借り入れが可能です。 また、期間限定のお得なキャンペーンや広…


    私がカードローンを借りたときの体験4 私がカードローンで借りたお金で、診断書を書いてもらいました。それは、障害年金の診断書で、それによって、私は障害者年金109000円をもらえる予定です。お金が入っ…


    皆さんはお金に困った時ってどうやって解決をしていますか。 自分は日払いバイトをする、要らない物を売る、不必要な生活費や出費を削減して節約をする、 最悪の場合は誰かや機関からお金を借りる、といったパタ…


    私が初めてカードローンの事を知った時というのは結構昔で、テレビの宣伝でよく流れていたのがきっかけでした。アイフルとかが特に有名で、その頃はお金を借りるならばアイフルみたいに思っていて、実際に借りたこ…